社会に貢献するあんしん財団

あんしん財団の行動指針は、一般社団法人として社会おける存在価値を高めるために、中小企業に対して様々なサービスを通じて積極的に社会活動に取り組んでいます。中小企業は大企業と比べて様々な問題が出ることがありますがあんしん財団は、それぞれの企業の状況を明確に把握しています。それぞれの企業がどのような社会ニーズを求めているかを判断して、それぞれのニーズに適合した事業内容の改革と改善に努めています。改革を改善させること、そして社会貢献をすることで、多くの企業が体力を持続させながら、会社を経営し維持させることができます。

あんしん財団の職員は、中小企業をサポートするために、経営者と従業員に対して正しい方法で、保険や福利厚生のサポートを提供しています。的確にサポートするために常にコンプライアンスを重視しています。あんしん財団では様々な法令を遵守しています。中小企業に的確にサービスを提供するために、全てのコンプライアンスを遵守しながら日々の業務に取り組んでいます。そうすることで全ての職員が正しい判断をすることができて、サービスの質を向上させることができるようになります。職員は常にお客様のことを第一に考えて物事を形にして提供をしています。

中小企業に対して喜ばれるサービスを提供するために、あんしん財団の職員は、常に高い知識を有することを求められます。この知識を全ての職員が結集させることで、あんしん財団として、全ての会社の経営者や従業員のために高い品質の事業やサービスを提供しています。あんしん財団は常に職員の人材育成に力を入れています。組織としてうまく動くように、個人として魅力的な人材になるように、あんしん財団では現状に満足することなく、積極的にお客様のために人材の育成に取り組んでいます。

このようにあんしん財団ではお客様のことを第一に考えて、事業やサービスを提供するために、現状に満足することなく常に前進し続けなければいけないと考えています。職員全員であんしん財団の行動指針を理解しながら、一般財団法人として何をしなければいけないかを理解しています。そして事業とサービスの質を高めるために、常に改革と改善をしながら、その時々の状況に応じて事業内容を見直しています。中小企業の経営者と従業員が安心して生活することができる環境が整っています。働きやすい環境だからこそ様々な新規事業を提案することができますし、中小企業にとって重要なサービスを提供できます。